1

四川風 ピリ辛よだれ鶏胸肉

高級中国料理店の定番メニュー、よだれ鶏。

 

材料(2人分)

鶏胸肉 ・・・1枚
■漬けダレ
紹興酒 ・・・1カップ
醤油 ・・・大さじ1
八角 ・・・1個
生姜 ・・・適宜
ニンニク ・・・1片
■調味料
豆板醤 ・・・小さじ1
チキンスープの素 ・・・小さじ1
砂糖 ・・・小さじ1
みりん ・・・大さじ1
赤唐辛子 ・・・適宜

 

1 調味料以外の材料を準備する。


 

2 鶏胸肉の皮は取り除いておく。

 

3 鶏皮は包丁で細かくみじん切りし、保管しておく。

 

4 フリーザーバッグの中に2の鶏胸肉と漬けダレを入れる。

 

5 フリーザーバッグの外側から手のひら全体でもみ、漬けダレが鶏胸肉全体に染み渡らせます。

 

6 5を写真のようにボールにのせ、1日漬けた状態でねかせます。


 

7 低温DEクッカーを63℃、50分に設定し、1晩ねかせた6を鍋の中にゆっくり沈め、空気を抜きます。

 

8 完全に沈んだところで、フリーザーバッグの口を閉じます


 

9 調味料を準備する。

 

10冷凍保存した3の鶏皮を熱したフライパンでカリカリに炒める。

 

11 10にフリーザーバッグ内の漬けダレを投入し、しっかり熱を通す。


 

12 11に調味料を入れる。

 

13 さらに薬味を入れる


 

14 調味料がグツグツしてきたら火を消す。


 

15 低温調理後の鶏胸肉。


 

16器に盛り付け、完成です。


 
 

コツ・ポイント

鶏胸肉を冷蔵庫でひと晩ねかす時に、アルコールが抜けるようにフリーザーバッグの口は閉じないでください。

このレシピの生い立ち

夏になるとこの料理が食べたくなりますよね。でも、なかなかオーダーできる中国料理店が見当たりません。もちろん高級店であれば必ずメニューにありますが、よだれ鶏だけ食べたい時ってありますよね。

 

1 thought on “四川風 ピリ辛よだれ鶏胸肉”

WordPress コメントの投稿者 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA